オンラインゲーム 通信回線

オンラインゲーム 通信回線

Bloggerの推奨事項:

  • グラブル ロック鳥
  • 経堂 スロット
  • フェアリーテイルコレクション
  • シーザースパレス クレア
  • パチンコれいと
  • 先鋒中隊の後方から第3,4中隊も進み出て左翼(北)側から突撃を試み、これに続いて再び第1,2中隊も突撃しますが、大きな犠牲の上に僅か数十mを確保したに過ぎませんでした

     一時味方前線より突出した形となったシュッツェン大隊の攻撃線は、自然と長い一線状となり、左翼を仏シッセ師団の第1旅団(ミシェル・シルベストル・フィリップ・アミルカー・ブライエ准将指揮)が散兵線とする鉄道敷設地まで300m付近として、アボンヴィルからアマンヴィエへ向かう小道に沿って展開し銃撃戦を始めるのです

     しかし、仏軍は遮蔽物が少ないため地に這って戦う近衛の軽歩兵たちに対し三方から十字砲火を浴びせ、間もなく大隊長のフォン・ファベック少佐は戦死、中隊長たちも次々に死傷して、交代した士官たちもことごとく倒れ、最後に激減した大隊を率いたのは一人の準士官となってしまうのです

    近衛シュッツェン大隊のアマンヴィエ攻撃 一方、シュッツェン大隊の南側でキュセ森を通過した普近衛(以下近)擲弾兵第1連隊の2個(第2とF)大隊は、第9軍団砲兵の列線(1058高地尾根)後方の窪地で左旋回をし、両大隊は並列してそれぞれの両翼(第5,8と第9,12)中隊を第一線とすると、F大隊は苦闘するシュッツェン大隊の戦線へ進みます

     同大隊はキュセの森縁に沿って前進し、猛烈な銃砲火の下を相互援護しながら突進しつつ遂にシュッツェン大隊の右翼(南側)に到着、銃撃戦を展開するのです

     第2大隊は第9軍団砲兵列線と、その先端でがんばっているH猟兵第1大隊との中間を抜け、ヴェルネヴィルからアマンヴィエへ向かう街道(以下アマンヴィエ街道)が直角に折れる地点(1058高地最高点付近)まで進み出ました

    あなたも好きかも:横浜 パチンコ 低貸し
    しかしここでモンティニー城館郊外に陣取る仏第4軍団第2師団(フランソア・グルニエ少将指揮)第2旅団(エルネスト・エマニュエル・プラディエ准将指揮)の散兵線から猛烈な銃撃を受け、そのため第5,8中隊はアマンヴィエへ緩やかに下る斜面にある窪地の縁に展開し、ここに散兵線を築いたのです

    あなたも好きかも:パチンコ パチスロドットコム
    続行した第6,7中隊は弾薬もなくなり衰弱したH猟兵第1大隊と交代して第9軍団砲兵列線の前方に出ると、そこから更に前進して第5,8中隊の散兵線左翼に連なったのでした

     しかしこの近擲弾兵第1連隊の損害も大きく、F大隊長フォン・シェーン少佐が戦死、各中隊長以下士官の多くも死傷してしまい、第12中隊に至っては士官全員(6、7名か)が倒れて軍曹が指揮を執っていました

     この時シュッツェン大隊の前線で指揮を執っていた近第3旅団長のクナッペ・フォン・クナップシュタット大佐も銃弾を腕に受けて負傷後送され、旅団の指揮は近擲弾兵第1連隊長のカール・ルートヴィヒ・バルニム・フォン・ツォイナー大佐が代わります

     ツォイナー大佐は近擲弾兵第1連隊の戦線が大隊ごと大きく二つに割れたのを見ると、午後6時15分、その中間に近擲弾兵第3連隊を投入することを決意し、キュセ森で待機するコンラート・フォン・ツァルスコウスキー大佐率いる連隊に前進を命じました

     連隊長大佐は第2大隊を予備として森に残すとF大隊を南へ先行させた後、残った第2,3中隊を北側から指定された近擲弾兵第1連隊の「隙間」、F大隊と第2大隊散兵線の中間へ進ませたのでした

     しかし、第2,3中隊は荒野を疾走して現地に向かいましたが、その間仏の散兵線から撃たれ放しとなって大損害を被り、第1大隊長のフォン・クノーベルスドルフ少佐始め殆どの士官を死傷させてしまいました

    同じ頃、その南側に進んだF大隊長フォン・グロルマン中佐も負傷しますが、こちらは軽傷として後送を拒否し、中佐は指揮を執り続けたのでした

     こうして近第3旅団はアマンヴィエ部落からおよそ600m地点まで進出し、その中心点は1058高地頂上のアマンヴィエ街道屈曲点でした