テーブルゲーム 割合

テーブルゲーム 割合

Bloggerの推奨事項:

  • スターオーシャン クレア
  • 2ch パチンコ
  • グラブル 4周年
  • エグゼイド コピペ
  • キングパルサー 天井
  • もとより神加の視線に合わせていたこともあって身をかがめていた康太の体だが、強引に文に引き寄せられたことで半ば倒れる形で文に接近する

    結果、康太の顔が文の胸元に突っ込む形になっていた

    一瞬文は身を硬直させるが、羞恥心が一周回って妙なテンションへと変化したのか、康太の頭を動かないように固定してからゆっくりとその頭をなで始める

    あなたも好きかも:パチンコ 風営法 時間
    「んぐ・・・!文・・・!?」「大丈夫よ康太・・・大丈夫だからね・・・」穏やかな声で、ゆっくりとしたテンポで康太の頭をなでながら文は康太を落ち着かせようとなだめ始める

    慰めるというのとは少し違うかもしれないが、康太が泣いているこの状況を改善するかどうかよりも、神加に対して康太を慰めているところを見せるのが重要だと文は考えているようだった

    実際神加は満足そうにしている

    あなたも好きかも:パチンコ 連チャン 確率
    アリスもまたニヤニヤしながらその様子を眺めている

    あなたも好きかも:ブラックジャック アニメ 映画
    後で絶対殴ってやると思いながら、文は康太が抵抗をやめるまでずっとその頭をなで続けた

    文にとっても康太にとっても、その数分間は一種の役得となったことだろう

    この場にいてそのことを理解していないのは幼い神加だけだった

    「ぷはぁ・・・さすがに突っ込んだままっていうのはきついって・・・」「何よ、人の胸の感触味わえたんだからもっと嬉しそうにしたら?」そういいながら文は顔を真っ赤にしている

    恥ずかしいならやらなければいいのにと康太は思うが、康太からすれば嬉しいが恥ずかしいという何とも奇妙な状態だったのだ

    そんなことを話していると、文はふと気づく

    「あれ?あんた泣き止んでるじゃない」「え?あれ?ほんとだ」いつの間にか止まっていた涙に康太は驚いていた

    先ほどまでとめどなく流れ続けていた涙は嘘のようにぴたりと止まっている