パチスロ マッハgogogo

パチスロ マッハgogogo

安堵の息を吐いて、さて仕事に戻ろうと、足を執務机に向けた……のだけど

あなたも好きかも:韓国 カジノ スロット
その肩をがしりと、ハインが掴む

「何?」「レイシール様は、お部屋でお休みください」「え? なんで?」「サヤ、寝室に放り込んできてください」俺の問いには答えもせず、問答無用でサヤと共に、執務室を追いやられた

暫く意味が分からず呆然としていたのだけど……

「…………なんで?」「大事を取って……ということではないですか?」「なんの?」そう問うと、サヤは少し、困ったように笑った

そして俺の問いを誤魔化すように

「ハインさんを怒らせるのもなんですから、お部屋に行きましょう」何故かサヤまでがそう言い、俺の手を引き歩き出してしまう

結局部屋まで連行されて、なんだか釈然としない

寝室で上着を脱がされて……

「そのままの格好で良いですから、少しお休みください」「こんな時間に寝ろって言われても……」「ハインさんが休憩しなさいって言うなら、それは休憩した方が良いってことですよ」「その理由も教えてもらえずに、納得しろって?」まだ昼前だよ

起きたばっかりじゃないか……

そんな風に渋っていると、サヤはまた、困ったように笑い、少し逡巡してから、あ

あなたも好きかも:パチスロ スロット 違い
と、何かを閃いた様子

俺の顔を覗き込んで、にこりと笑って

「なら、子守唄でも歌いましょうか?」「子守唄…………」この歳になって子守唄で寝かしつけられるの?サヤの表情的に、幼子みたいに扱えば、俺がそれを嫌がって、渋々でも布団に入ると考えたのだろう

…………なんかそんな風に扱われるのも、それを選択されたのも、癪に触った