マルカメ パチンコ 京都

マルカメ パチンコ 京都

Bloggerの推奨事項:

  • 印籠 チャンス
  • バイオハザード リベレーションズ2 攻略
  • ガロ 新台 評価
  • グラブル同人
  • ff14 aw
  • 「少し力を抜いたら……、というのは無理か」 理解ある笑顔

     沢も表情を緩め、背もたれへ体を預けた

     気の抜けた、彼にしては珍しい佇まいで

    「デザートは、何食べる」「お前は、今の話を聞いてなかったのか」「兄さんには聞いてないの

    ねえ、沢さん」「え、僕?」 戸惑う彼の前に差し出されるメニュー

     小さな個人経営の定食屋にしては、意外な程豊富な品揃えが載っている

    「アイスティーで……」「それと」「え?」「飲み物だけって事は無いでしょう」  はっきりと言い切る少女

    あなたも好きかも:パチンコ 北斗の拳 歌
      沢は困惑気味に視線を走らせ、下の方に載っていたホットケーキを指差した

    「案外、お子様ですね」「お前な」「私はシナモンパイとアップルティー

    はい」「お、俺はジンジャーエールと三色プリン」 流れに押され、オーダーする少年

     楽しいのは一人の女の子だけという光景……

    「ボテボテ」「何が」「お腹」  猫ではなく、池上のお腹をさする舞地

    あなたも好きかも:パチスロ 地獄少女 宵伽
     池上はカッと目を見開き、彼女に飛びかかった

    「埃が立つ」「ふ、ふざけないでよ

    だ、誰のお腹が出てるっていうの」「映未」 全然否定をせず、もう一度お腹を撫でる

    「こ、こっ」「鶏?」「こ、この猫娘がっ」 舞地の頬を掴み、横へと引っ張る池上

     精悍で凛々しい顔立ちも、そうなるとさすがに笑える

    「はは、変な顔……

    なっ」 突然の硬直