パチンコ 並ぶ 底辺

パチンコ 並ぶ 底辺

Bloggerの推奨事項:

  • ギルティクラウン天井
  • バカラ 土浦
  • スロット 2 9
  • 007 ミスター ホワイト
  • 北斗 パチスロ
  • なぜならば退(ひ)かぬ、退(ど)かぬ、退(しりぞ)かぬの精神のユッコネエがにゃーと鳴いてそのまま風音にもたれ掛かっていたからである

    あなたも好きかも:パチンコ 高尾 殺人
    ようやく分かり合った主を離すまいとユッコネエはしっかりと抱きついていた

    「ユッコネエ、メッ!」 しかし、さすがの風音も限界であり、お叱りの言葉を出さざるを得ない

    あなたも好きかも:シンフォニア スロット エピソード
    ここはアングレーの屋敷で、風音コテージでもホテル内でもないのだ

    甘えるにも場所をわきまえてもらわなければならない

    そして、風音の「メッ」によりユッコネエはシュンッとなってその場に転がったのである

    「あーもう、後でね」「にゃーう」 風音の言葉に一定の理解を得たのか、とりあえずユッコネエも返事だけして丸くなるのであった

    「ふぅ、ごめんなさい

    話の腰を折っちゃって」「いえいえ

    良いモノを見させていただきました」 風音の言葉にアングレーはそう返す

    話の腰を折られるくらいは別に構わないだろう

    さきほどは風音は素でユッコネエと部屋から出ていこうとしたのだから

    アングレーが引き留めていなければ、完全にこの商談のことを忘れていたに違いなかった

    「商売上、相手の人となりが見れると言うことは、とても大切なことです

    まあ、それでなくともこの界隈でも有名な白き一団の皆様方にお会いできただけでも、話の種にはなりますしな」 そう言ってアングレーはプハーと葉巻の煙を吹かし、白猫エリザベートを撫でる

    エリザベートは気持ち良さそうになーごと鳴いた

    「界隈っていうと商人の?」「ええ、そうです

    何しろ、近年でもあまりみない大物のドラゴン、黒岩竜にクリスタルドラゴンや、それに闇の森生息のオダノブナガ種まで倒した方々ですから」「いやーー」 風音が照れる