バカラ ベルーガ

バカラ ベルーガ

 無言で、何をする訳でもない

 だからこそ、それは人の恐怖をあおる

「彼女達を連れて行って下さい」「はい」 素直な返事が聞かれ、悲鳴と共に規則正しい足音が去っていく

 まさか名古屋港には連れて行かないだろうな

あなたも好きかも:19年にお金を稼ぐためのオンラインは何ですか?
「少し話して聞かせるだけです」「ああ、そう

とにかく、ありがとう」  一応礼は告げ、ゆっくりと目を開ける

 視力はほぼ回復していて、暗く見えるのはサングラスのせいだ

「どうも不安定ですわね」「私の視力が?」「行動も含めてです」 さすがに今は反論のしようもなく、もごもご呟いてこの場を誤魔化す

あなたも好きかも:グレープを売るオンラインでお金を稼ぐ方法
 そんな事は言われなくても分かってる

「寮生じゃないのに、どうしてここにいるの

しかも、こんな時間まで」「仕事が少し長引いて、休んでいただけです」「あ、そう」「誰のせいだと思ってるんですか」 突然怖い顔になって距離を詰めてきた

 思い当たる節は、考えると多すぎて想像も付かないな

「講堂で、保安部とトラブルを起こしたでしょう」「あれは、あっちが悪くて

大体木之本君

そう、木之本君はどうなってるの」 今度はこっちが怖い顔で、彼女との距離を詰める

 そこから何を感じ取ったのか、矢加部さんは素早く数歩下がって私から逃げた