パチスロ 化け 物語 朝一

パチスロ 化け 物語 朝一

Bloggerの推奨事項:

  • 絶対 衝撃 2 ゾーン
  • 京橋 スロット
  • スロット シーマスター
  • カチカチ君
  • ストライク ウィッチーズ 解析
  • しかし、ネアはある意味豪運なのだ

    「…………おのれ、もう何か厄介なものが来る予感しかしません」仏頂面でそう呟いたネアは、念の為に今の内に使い魔を呼び出そうかどうか悩む

    少しだけ考えてから、首飾りから取り出した携帯用の転移門をポケットに忍ばせておいた

    ばたばたと、天井の上で忙しない足音が聞こえる

    きっと上では何か騒ぎが起こっているのだと置いてけぼりな気持ちで見上げて、数分経っただろうか

    あなたも好きかも:パチンコ シンセイ
    カチャリと扉が開いて、ぞわりと冷ややかな温度を伴うものが部屋に入ってきた

    (ホ、ホラー?!)ネアはもうその冷気だけで飛び上がってしまったのだが、扉からの距離が短い客間にいるせいで、その何者かはすぐにネアの前に姿を現してしまった

    ひたひたと足音のない、誰かの歩く気配

    それが目の前でぴたりと止まった

    あなたも好きかも:パチンコ 25 日 イベント
    「……………どなたですか?」つんと、水に濡れた土のような匂いがする

    あなたも好きかも:パチスロ 必殺 仕事 人
    何の姿も見えないが何かが確かにそこに居る気配があり、爪先を置かれた部分の木の床が濡れたように色を変え、はらりと小さな藤色の花びらが落ちた

    とても怖いけれど、怖さを見せるということは危ういことなのだ

    ぐっと堪えたネアに応えたのは、ねっとりと甘い年齢不詳の男性の声だった

    「ほお、妖精避けのまじないか

    小賢しいが、これでは触れられないな」淡い靄のようなものが凝り、ぶわりと膨らんで美しい妖精の姿になる

    下から風で煽ったように足元までの長い髪が広がり、そこにはいつのまにか一人の妖精が立っていた